【相撲部屋】白鵬が購入した浅草の老舗料亭はどこ?住所や場所を調査!

スポーツ

【相撲部屋】白鵬が購入した浅草の老舗料亭はどこ?住所や場所を調査!

2021年9月に引退した元横綱の白鵬さんが、浅草に相撲部屋を開くために建物を購入したとのこと。

白鵬さんが購入した建物は、浅草の老舗料亭だった場所と言われています。

一体、老舗料亭はどこだったのでしょうか?

住所場所を徹底調査してみます!

【相撲部屋】白鵬が購入した浅草の老舗料亭はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

松廼家八好(@hachikoumatsunoya)がシェアした投稿

瓢庵(ひさごあん)のようですね。

老舗料亭として人気だった瓢庵は、東京五輪が決まった後には外交団の視察ツアーにも使われた料亭。

建物は1990年に新築された地下1階、地上5階、全館数寄屋造りの物件だったのです。

立派な料亭だったのですが、残念ながら2021年7月20日に閉店していますね。

閉店後に売り出された物件を、白鵬さんが購入したとのことなのです。

気になる土地の建物の価格は、5億円だったとか。

相場としては3〜4億円と言われていましたが、白鵬さんは+1億円を提示。

これには販売側を即決したことでしょう。

白鵬さんはこの物件をかなり気に入って、どうしても購入したかったのだと思いますよ。

【白鵬が購入】浅草の老舗料亭の住所や場所

住所は、東京都台東区浅草3-34-11になります。

エクスプレス浅草駅から、徒歩6分の好立地。

浅草神社の裏手になりますね。

遊園地「浅草花やしき」や「雷門」からも徒歩圏内ですので、浅草の新しい観光地にもなってくるでしょう。

これには地元住民も大喜びですよね。

同じく浅草エリアには、西岩親方(元関脇・若の里)の西岩部屋もありますし、白鵬さんの部屋ができることで更に活気が出そうですね。

 

白鵬の購入物件の条件

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちび散歩👣(@chibi_chibisampo)がシェアした投稿

・日本文化が感じられ、国内外から多くの観光客が訪れる一等地であること

・中央区

・日本橋周辺

・100坪

白鵬さんは現役時代、自分の部屋についてこのような発言をしています

白鵬

引退後は銀座にガラス張りの相撲部屋を開きたい

最初は銀座で部屋を開くことを考えていたのでしょう。

銀座ももちろん一等地ですし、ガラス張りの部屋となれば注目されることは間違いないですからね。

ただ銀座となれば価格も高騰するでしょうし、白鵬さんが理想とする物件を探すのは難しかったと思いますよ。

浅草の老舗料亭の建物は、白鵬さんの妻の紗代子さんも気に入ってくれたとのことなので、最後の決め手となったのでしょうね。

白鵬の相撲部屋に対する世間の声

 

まとめ

白鵬さんが新しい相撲部屋のために購入した浅草の老舗料亭はどこなのか、住所や場所をまとめています。

立地も良く、きっと話題の相撲部屋になってくるでしょう。

建物も決まったので、これから工事に入るのかなと思われます。

どんな相撲部屋になるのか、楽しみにしておきましょう!

-スポーツ
-

© 2022 music passenger Powered by AFFINGER5