【北京五輪2022】プーさんのぬいぐるみが持ち込み禁止の理由!羽生結弦の持ち込みは?

スポーツ

【北京五輪2022】プーさんのぬいぐるみが持ち込み禁止の理由!羽生結弦の持ち込みは?

2022年の北京オリンピックのフィギュアスケート会場では、プーさんのぬいぐるみの持ち込みが禁止されているとのこと。

羽生結弦さんの大好きなディズニーキャラクター「くまのプーさん」のぬいぐるみが、演技終了後にリンクに投げ入れる光景がおなじみでしたよね。

なぜ、今回の北京五輪ではなぜ禁止になってしまったのか気になるところ。

プーさんが大好きな羽生結弦さんは持ち込んではいないのでしょうか?

【北京五輪2022】プーさんのぬいぐるみが持ち込み禁止の理由

感染予防

北京五輪の最中も、感染予防は徹底されていますね。

五輪開催中はできるだけ感染のリスクは避けたいもの。

誰かの手から投げ込まれたプーさんがきっかけで、感染が広がってしまう可能性は十分に考えられます。

パフォーマンスとしては盛り上がりますが、感染拡大を抑えることが優先になってくるでしょうね。

 

氷の状態を保つ

軽いからとぬいぐるみを投げ込んでいるわけですが、氷の状態にとって良いわけがありませんよね。

もしかしたら、プーさんに金属製の付属品がついていることもあるでしょう。

氷は非常にデリケートなもので、少しの傷やぬいぐるみの糸くずでも演技に支障が出てしまいます。

そうなると、掃除をすれば良いという問題でもないですからね。

 

競技時間の短縮

沢山のプーさんのぬいぐるみが投げ込まれるわけですから、回収や片付けに時間が取られてしまいます。

選手にとってはリングに入るタイミングも大事になってきますから、余分な時間は取られたくないはず。

北京五輪ですので、世界中から選手が参加していますよね。

羽生結弦さんの時間だけを特別扱いするわけにはいかないのです。

 

習近平(しゅう きんぺい)国家主席に対する誹謗中傷

くまのプーさんは、習近平国家首席に似ているとネットで話題になったのです。

このことから、批判的な人がプーさんを習近平国家首席に見立ててからかう画像が流出。

北京五輪という中国にとって大事なイベントですから、揶揄されるきっかけになることは避けたいものですからね。

 

いかがでしたでしょうか?

プーさんの持ち込みが禁止された理由については、具体的には公表されていません。

色々なことを懸念し、持ち込み禁止となっているのでしょうね。

中には羽生結弦さんの結果に関係なく、投げ込むことを楽しむ人がいるのも現状。

他の選手は当然、良い顔をしないことでしょう。

【プーさんのぬいぐるみ】羽生結弦は持ち込みをしている?

持ち込んではいないようですね。

羽生結弦さんはティッシュケースもプーさん型を使うほど、プーさんが大好きなのです。

リングサイドにはプーさんのティッシュケースが置いてありましたからね。

しかし、今回の北京五輪2020年では、黄色と赤のティッシュケースが置かれていたのです。

型はプーさんではありませんが、黄色と赤色の組み合わせからプーさんが連想されます。

協賛企業以外のロゴや広告を禁止している北京五輪ですから、さすがにプーさんを置いておくわけにはいかなかったのでしょうね。

それでもプーさんを忘れない羽生結弦さんの愛は、本物ですよね。

 

プーさんの持ち込み禁止に対する世間の声

まとめ

北京五輪2022でプーさんのぬいぐるみが持ち込み禁止の理由、羽生結弦さんの持ち込みについてまとめています。

大人の事情もありますので、持ち込めないのはしょうがないこと。

プーさんのぬいぐるみが持ち込めないことで、羽生結弦さんの演技に影響はあるのか。

注目していきましょう!

-スポーツ

© 2022 music passenger Powered by AFFINGER5