YOSHIKIとGLAYの関係|RAINをライブで演奏しない理由!

音楽

YOSHIKIとGLAYの関係!ライブでRAINを演奏しない理由は?

今や日本を代表する国民的なバンドになった、GLAY

実はその背景には、YOSHIKIさんとの関係があったのです。

YOSHIKIさんがいなければ、GLAYがデビューすることはなかったのではないでしょうか。

GLAYのデビュー曲の「RAIN」は、YOSHIKIさんがプロデュースをしていますからね!

YOSHIKIとGLAYの関係

先輩と後輩の関係になりますね。

GLAYのインディーズ1stアルバム「灰とダイヤモンド」は、YOSHIKIさんが設立した「エクスタシーレコード」から発売されています。

エクスタシーレコードからは、LUNA SEAもデビューしていますよ。

今でこそ有名は話ではありますが、当時はネットもなくそこまで情報が出回っていませんでした。

GLAYが売れて、過去の情報が明らかになっていったのです。

まさかYOSHIKIさんがGLAYをスカウトしていたとは、ファンは驚いたことでしょう。

XJAPANのファンとしても、GLAYをプロデュースしていたことは誇りに思えますよね。

以前には、YOSHIKIさんとGLAYには不仲説もありました。

人気バンドになれば、色々な噂があるものですからね。

YOSHIKIさんとTAKUROさんは対談もしたり、XJAPANのイベントにもGLAYは参加しています。

現在はとても仲が良いと思われますよ。

 

【YOSHIKI作詞作曲】GLAYのデビューシングル「RAIN」

GLAYのメジャーデビューシングル「RAIN」は、1994年5月25日に発売され、YOSHIKIさんが作詞作曲をしています。

YOSHIKさんのアレンジが全面に出ているので、イントロや歌詞からも「XJAPANっぽい」と思える楽曲になっていますよ。

曲の後半では、YOSHIKIさん自らがピアノを弾いています。

YOSHIKIさんによるピアノの演奏は、TAKUROさんの提案だったとか。

当時のYOSHIKIさんはもっとトゲトゲしていたので、頼むのにも勇気が必要だったと思いますよ。。

おかげで名曲が誕生したので、TAKUROさんの選択は間違っていなかったですね。

 

GLAYがライブで「RAIN」を演奏しない理由

作詞が「YOSHIKI名義」になっているので、GLAYのライブでは滅多に演奏されることはなかったようですね。

大人の事情があったのかな。。

TAKUROさんは、演奏しない理由についてこう語っています。

TAKURO

YOSHIKIさんを超えるアレンジができなかった。

数々の名曲を生み出してきたTAKUROさんにしても、難しかったようですね。

そんな伝説となっているRAINですが、なんと2015年に開催されたGLAYの20周年ライブで演奏されたのです。

YOSHIKIさんがゲストとして登場し、GLAYのメンバーと共にRAINを演奏するというサプライズ。

これにはXJAPANファンもGLAYファンも感動でしたよね。

 

まとめ

YOSHIKIさんとGLAYには、切っても切れない関係で結ばれています!

昔からのバンドの縁というのも、ファンからしてみれば嬉しいものですからね。

今後のXJAPANとGLAYの共演も楽しみにしておきましょう!

-音楽
-

© 2021 music passenger Powered by AFFINGER5